胃痛下痢

医師や専門家が深く詳しく解説します

胃痛下痢

医師や専門家が深く詳しく解説します

胃痛と下痢 :「胃痛と下痢」がおきたらどう対処する?なにかの病気なの?

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
痛も下痢も、それぞれひとつだけでも、肉体的には厳しい状態ですよね。
しかし胃痛と下痢が同時に生じた場合は、どうすればいいのでしょうか? また、その場合何の病気なのでしょうか?
この記事では、「 胃痛と下痢 」についてその原因などを詳しく説明します。
 
 

胃痛と下痢 が一緒に起こった場合

 
胃痛と下痢が同時に起こる場合、何の病気なのでしょうか?
 
一番可能性が高いのは、急性胃炎です。急性胃炎により、胃の消化機能が働かなくなり、食物が充分消化されず、下痢を生じます。
では、急性胃炎とは、どうしておこるのでしょうか?
 
 

胃痛と下痢を引き起こす急性胃炎とは

 
急性胃炎は、胃痛、下痢が一過性で生じる病気です。主な原因としては以下のとおりです。
 
・ウイルスや細菌の感染
・刺激物の摂取
・暴飲暴食
・薬の副作用(抗生剤、非ステロイド系鎮痛剤)
ストレス

 
胃痛と下痢の原因については、以上のような項目が想定されますが、実際に急性胃炎になったとき、何が原因か、特定するのは難しい場合もあります。
 
症状としては、この記事のテーマである、胃痛と下痢が起こる場合もあります。また、吐き気、嘔吐、発熱が起きたり、急激な嘔吐や下痢による脱水症状が起こる場合もあります。
 
胃炎について医師が解説した以下の動画もあわせてご覧下さい。

 
 

急性胃炎 ウイルス・細菌が原因の場合

 
胃痛と下痢を引き起こす急性胃炎を引き起こすウイルスは、多くの場合以下の経路で感染します。
 
・調理した人の手
・食物 鶏卵・肉・生魚・二枚貝
・汚物の処理

 
細菌が急性胃炎の原因の場合、熱の加え方が充分でかった肉、海産物等、古くなった食品、殺菌が充分でない水、ペット等から感染します。
 
潜伏期間は、ウイルスや細菌によって異なりますが、ウイルス性は、1~3日と短い場合が多いようです。細菌については、1~10日と長めのものも多いようです。
 
 

胃痛と下痢が起こった時の対処法

 
胃痛と下痢の原因が急性胃炎の場合、まず根本原因である胃の不調を解決する事が重要です。胃痛がおさまるまでは、半日から1日程度、食事は摂らず回復を待ちましょう。
 
2~3日で胃痛が無くなるケースも多いので、その期間は、消化の良いもの(おかゆ、うどん、スープ等)、塩分がすくないもの、脂肪分が少ないものを摂り、胃への負担を最低限にしましょう。
 
下痢で、体の水分が失われるので、水分補給はまめに行いましょう。水分や塩分、カリウムの補給のため、常温で刺激が少ない、経口補水液等を10~20mlづつ、30分間隔で飲みましょう。
 
 
経口補水液は、以下のような方法で、家庭で簡単に作ることができます。
 
・1リットルの湯冷ましに、砂糖40g、食塩3gを溶かし、飲みやすい温度にする
※カリウム補給のために、レモン、グレープフルーツ果汁を少し加えるのもよし。
 
医療機関では、吐き気止め、整腸剤など、胃痛・下痢の症状に応じて薬が処方されます。ウイルスに直接的に効果のある抗ウイルス剤はありませんが、細菌については抗生剤が処方される事もあります。
 
 

胃痛と下痢が起こった時の注意点

 
胃痛が2~3日安静にしてもおさまらない場合や、胃痛、下痢が悪化する場合、膿性の便、血便などが出る場合は、医療機関を受診しましょう。
 
暴飲暴食のように、既に胃痛の原因が特定されている場合は別ですが、胃腸薬や下痢止め等の薬は、ウイルスや細菌が原因の場合もあるので自己判断で服用すると危険です。有害なウイルスや細菌を排出するために下痢という形で体が反応をしているのですが、この動きを止めてしまいます。
 
安静後、胃痛と下痢が治った際にも、薄味を心がけ、香辛料のきいたもの、脂のおおいもの、炭酸、冷たいもの等、胃痛の原因となる胃に刺激を与えるものは、極力避け、再発しないように気をつけましょう。
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
胃痛と吐き気 の原因は? 大きな病気が潜むこともあり要注意! をご覧ください。
 
逆流性食道炎の薬 :症状の原因ごとに薬剤師が解説。市販薬も を参考にしてください。
 
胃がんの症状 とは? 初期症状は? 各ステージではどんな症状なの? をご覧ください。
 
胃がんの初期症状 って? 早期発見、早期治療を実現する為には をご覧ください。
 
胃潰瘍の症状をチェック ! 胃潰瘍の早期発見の為に! をご覧ください。
 
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。